「英語が話せれば十分!」まさかそんな勘違いしていませんよね!?

外資系企業に就職するにはズバリ英語!

外資系企業に就職して仕事をすることは誰もが憧れますよね!そのために大切なことはズバリ英語!と思っている方、かなり多いのではないでしょうか?確かに間違ってはいません。英語が話せないことにはコミュニケーションもとれません。しかし、こんな経験ありませんか?

英語は問題なく話せるのに相手の質問に答えることができない、あるいは会話が続かない。

英語は話せるけど、話す内容がない…

そこには英語力と別の、ある能力が欠如しています。なにかおわかりですか?

それは「思考力」です。あなた自身に考えや意見がないから相手に伝えることができない。

せっかく英語を話すことができても、話す内容がなければ意味がないですよね?

語学はコミュニケーションのツールでしかない!

英語はあくまでも、異国の人々とコミュニケーションをとるためのツールにすぎません。相手に伝えたいことがあって初めて、英語は役にたちます。英語の習得が自分の可能性を広げることは確かです。しかしそれに付随して思考力を磨くことも忘れてはいけません。世の中で起こっていることに興味関心を持ち、自分ならどう考えるか、それをどう相手に伝えるかといった訓練は必須です。

英語よりもまずは日本語!

日本語で伝えられないことを英語で伝えるなんてできませんよね?まずは母国語である日本語で物事を考え、日本語で相手に伝える。それができるようになれば、あとは内容を英語に変換するだけです。思考力は、英語力と同様に一朝一夕に身につく能力ではありません。しかし語学力よりも大切な能力であることは自明です。

英語の転職は、能力にもよりますが他の職種に比べ潰しがききやすいのが特徴です。グローバル化した現代では英語がいかに大切かを物語っています。