働く人々の健康を守る!産業医の仕事に迫る

事業場にとって産業医の役割とは?

最近では、企業や事業場など働く現場での労働環境におけるストレスや、過重労働による健康障害の発生が増加傾向にあります。そういう状況を未然に防ぐためにも、一定の規模の事業場には労働安全衛生法によって産業医の選任が義務付けられています。産業医とは、事業場において労働者の健康管理などについて、専門的な立場から指導や助言を行う医師のことを言います。従業員の主治医とは異なる立場で、組織と個人の双方に最適な判断を下すことが出来ます。

医師免許取得だけではない!?専門医の要件とは

産業医になるためには、医師免許を取得した後、事業場において労働者の健康管理などを行う産業医の専門性を確保するために、法律で定める一定の要件を備えなければならないとされています。その要件とは、産業医研修を受講して必要な単位数を取得するか、労働衛生コンサルタント試験に合格するなどのいずれかの要件を満たし、そのうえで事業場と産業医契約を結び、労働基準監督署に届け出なければなりません。

産業医のおもな仕事内容とは

産業医の仕事は、単に従業員の健康をチェックしたり、相談に乗ったりする事だけではありません。産業医は従業員の健康について必要があると判断したときには、企業に対して労働者の健康管理に必要な勧告をすることができます。また、少なくとも毎月1回は作業場を巡視し、作業方法や衛生状態に有害なおそれがある時は、従業員の健康障害を防止するためにも、早急に必要な措置を講じなけばいけません。また、近年増加傾向にある、メンタルヘルス相談や過重労働対策などその活躍の場面は多岐にわたります。

産業医の募集は求人の件数が多いという特徴があります。そのために、理想的な条件を提示している求人に申し込むことができます。