面接のコツと準備の方法!就職活動はこうやって乗り越えろ!

面接のコツは見た目から

面接でまず大事なのは服装や身だしなみです。面接官は入室したら、まずそこを見ます。身だしなみが整っていなければ始めから不利な状況になってしまいます。社会人として恥ずかしくない程度の身だしなみをすることが重要です。次のコツとしては受け答えの内容よりも、受け答えをはっきり言えるかどうかでしょう。面接ではほとんどの学生は同じようなことを言います。その内容は似たり寄ったりになることがほとんどです。そこで面接官は内容よりも話し方の方を重視する傾向にあります。はきはきと話すが人は印象が良くなり、ぼそぼそと話す人は印象が悪くなってしまうのです。内容が飛び抜けてよかったしても、話し方で落とされることもあるので注意が必要でしょう。

面接の準備は模擬面接をする

面接で聞かれることを想定することは大事ですが、そのまま質問されることは少ないかもしれません。そこでどんなことを聞かれてもいいように準備しておきます。頭で考える瞬発力を養っておくと、面接では有利になる可能性が高いです。基本的に面接では一般的なことを聞きながら、答えにくいことも織り交ぜて質問します。答えにくい質問の方が本命で、その質問にどのように答えるかを見ているのです。そう考えると、模擬面接でどのような質問にも答えられるように、瞬発力を養うことは重要だと分かります。自分の言葉で回答できるようになると、面接では有利になります。本命の面接の前に何度も面接を受けておくと、練習になります。落ちてもいいので、練習を兼ねて面接はできるだけ受けておくと良いでしょう。

就活の面接の前には、大学のキャリアセンターで練習が受けられます。細かなアドバイスにより、精度を上げることができます。