経験やスキルを活かせる歯科衛生士の求人を見つけよう

歯科衛生士の働く環境について

歯科衛生士の職場環境は、勤務先の診療方針や同僚のスタッフの人数、役割などによって大きな違いが見られます。特に、小規模な歯科クリニックにおいては、一人あたりの歯科衛生士の業務の幅が広いこともあり、研修中から歯科医師や先輩からのアドバイスを受けながら仕事を覚えることが大切です。一方、大学病院などの歯科で働く歯科衛生士は、より専門的な仕事を任せられることがあり、業界内でキャリアアップを目指すうえで絶好の環境となっています。歯科衛生士として必要な知識や経験は勤務先によりますが、歯科医師のサポートを適切に行ううえで、日々の仕事だけでなく、終業後や休日などを利用して勉強会やセミナーなどに顔を出すことも大事です。

働きやすい歯科衛生士の求人の見つけ方

歯科衛生士の求人の数は全国的に増加の傾向が見られますが、特にクリニックでの実務経験が豊富な人材を積極的に採用しようとする事業所が目立ちます。そこで、働きやすい歯科衛生士の求人を見つけるために、各医療機関の賃金や仕事内容ばかりでなく、新人を対象とした研修の取り組みについてじっくりと調べることが大事です。特に、スタッフの数にゆとりのあるクリニックなどでは、数か月から一年程度の期間の研修が実施されることがあり、着実に歯科衛生士として役立つスキルを身に着けることができます。また、ある程度の歯科衛生士のキャリアがある人は、大学病院や総合病院の求人に応募をすることで、年収アップを期待することも可能です。

歯医者の数はコンビニエンスストアよりも多いとも言われ、歯医者の数に応じて歯科衛生士の募集も増えています。